×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


槇原敬之の僕ら 世界に一つだけの花
槇原敬之の歌を聴いたことがありますか。
槇原敬之の歌から自分を見つめなおした人が多いかと思いますが




SMAPのヒット曲
『世界に一つだけの花』は、SMAPが歌う楽曲で、2003年の代表曲の一つ。ビクターエンタテインメントから200335日にリリースされた。世界に一つだけの花の作詞・作曲・編曲は槇原敬之。

世界に一つだけの花は元々オリジナルアルバム『
SMAP 015/Drink! Smap!』(20027月発売) の収録曲であったが、アルバム発売当時より、SMAPのメンバーは世界に一つだけの花が同アルバム中で1番好きな曲だとコメントしており、ファンの中でもその事は広く周知され、またファンの間でも世界に一つだけの花を「シングルカットして欲しい」という声が高まっていた。世界に一つだけの花が世間一般に知れ渡ったのは、SMAPのメンバー、草g剛が主演したテレビドラマ『僕の生きる道』(関西テレビ放送制作、フジテレビジョン系列・20031月〜3月放送)の主題歌となったことによる。

世界に一つだけの花はドラマ放送開始直後からシングルリリースの要望が多数寄せられたため、メンバーの歌唱パートの入れ替えなどのアレンジを行い、
200335日、『世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン) 』としてシングルカットされた。世界に一つだけの花の振付はKABA.ちゃんが担当した。なお、同ドラマの中でシングルヴァージョンが唯一使われたのは最終回、主人公の最期の後のエンディングである。これが、世界に一つだけの花のシングルCDの発売直後であった。


世界に一つだけの花は反戦歌?

世界に一つだけの花は「SMAP 015 / Drink! smap!」に収録されている「オリジナルバージョン」、世界に一つだけの花のシングルカットされアレンジが加えられた「シングルヴァージョン」、世界に一つだけの花の「SMAP 016/MIJ」に収録された「オルガンバージョン」とこの曲には全部で世界に一つだけの花は3パターンある。

世界に一つだけの花は
2007年現在まで、SMAPにとって最大のヒット曲となっている。世界に一つだけの花の「競争で一番になるよりも、各々が持つ個性が大事だ」という主題は、世界に一つだけの花の作者である槇原敬之が謹慎中に住職との対話から着想したといわれている。世界に一つだけの花の内容には、あらゆる存在に価値を認める「草木国土悉皆成仏」の如来蔵思想が投影されている。いくら他にたくさんのバラがあろうとも、自分が美しいと思い、精一杯の世話をしたバラはやはりいとおしく、自分にとって一番のバラなのだと悟るという、「星の王子さま」の話から来ている。

世界に一つだけの花について
TBSの報道番組『筑紫哲也 NEWS23』において筑紫哲也が「これは反戦歌だと思う」と評する等、この曲に対し反戦イメージを重ねる人もいる。これは当時イラク戦争前夜の不安の下にあったため、花や人間を賛美することで平和の大切さを訴えるという、世界に一つだけの花のCDリリース時のSMAPメンバーのコメントによるところが大きい。

しかし、国連の枠組みや国際的なコンセンサスの中でのナンバーワンではなく、それらを無視してオンリーワンとして振舞うアメリカを賛美する「米国賛歌」と批評される事もある。三田紀房の漫画『ドラゴン桜』には、オンリーワンというのはその分野におけるナンバーワンだ、というこの曲の歌詞に対する批判を暗喩する台詞が登場する。なお、数学的な考えでは「オンリーワンならばナンバーワンである」(但し、複素数など必ずしも当てはまらない場合もある)。


槙原敬之 世界に一つだけの花 - 女子十二楽坊
槇原敬之の僕ら 槇原敬之の僕ら どんなときも 槇原敬之の僕ら 世界に一つだけの花 槇原敬之の僕ら チキンライス





Copyright(C) 槇原敬之の僕ら 世界に一つだけの花 All rights reserved